故人の不用品でお困りではありませんか?

 遺品の中には、古くなって壊れたり汚れたりしてもう使えない品もありますね。粗大ゴミとして自治体の回収に出す場合には、決められた日に自分で運び出さなければならないなど、時間と労力が必要です。そこで、不用品を簡単に処理できる方法をいくつか提示していきます。

不用品回収業者を利用する

 リサイクルショップにもっていくにしても、自治体の粗大ゴミ回収に出すにしても、運び出す作業は自分で行わなければなりません。これは結構な負担になります。業者に頼めば、プロが手早く作業を行ってくれます。大きなものを運んで家の中の物にキズがつくこともありませんし、もし破損があった場合にも保証がついているので安心です。電話やメールで気軽に見積もりや依頼ができるので、手軽に利用することができます。
 便利な回収業者ですが、気を付けなければならないこともいくつかあります。違法な業者に注意してください。回収の際に、不当に高額な請求をしてきたり、見積書や領収書の発行がなかったり、会社の所在地がはっきり分からないようなところは利用してはいけません。自治体の許可を得ていない、違法な業者である可能性が高いです。彼らは料金とともに集めた不用品を、不法投棄するなどして利益を得ています。業者の実態を調査して、信頼できることを確かめてから依頼するようにしましょう。もし不当な額を請求されたとしても、複数の業者に見積もりをとっていれば相場がわかります。物怖じせずに、堂々と渡り合いましょう。
 日取りと気持ちに余裕をもって依頼しましょう。すぐにでも荷物を撤収しなければならない場合でも、なるべく日にちに余裕をもって、早めに来てもらうようにします。万が一トラブルになった際に、円満に解決するための時間を確保しておく必要があるからです。

お金に換える

 もし、不用品がなかなかキレイであり、使うのに支障がない場合には、お金になる可能性が高いです。ヤフオクなどのネットオークションも充実しており、最近では個人で品物を売りに出す人が数多くいます。送料や年会費がかかることも念頭におきつつ、売れなかった時どうするかも決めながら、ネットオークションに出品するのも一つの手です。ただし金額はあまり期待しないほうがいいかもしれません。
 リサイクルショップに持っていくという手もあります。こちらも売値に期待はできません。値段がつかないものでも、引き取ってくれたり、回収に来てくれたりするところもあります。なるべく汚れを落としておくようにしましょう。

寄付する

 いらなくなった衣類や電化製品を、NPO団体を通じて発展途上国に寄付することができます。ただし、いらなくなったものを何でもかんでも送っていいという訳ではありません。衣類は、現地の人々が着るものです。汚れたものや、破れたものを送ろうとする人もいるようですが、それではいけません。日本の古着屋さんでも売れるような、質のいいものが対象になります。

様々な片付けの方法がある

rtftr
 自治体の回収以外にも、様々な方法で不用品を片づけることができます。自分たちには必要のない物でも故人が大切に使っていたならば、捨ててしまうのは惜しいです。誰かが使ってくれるならそれに越したことはありません。
 業者に回収してもらった物も、まだ使えると判断されたものは清掃・修理されてそのままの形で売りにだされます。使えないと判断されたものでも、解体・分別されてリサイクルによって新しい品に生まれ変わります。
 良い方法を選択してください。
不用品・廃品回収:8,000円~/平米|不用品回収110番
http://www.fuyouhin-rits.jp/

更新情報